商品説明
商品説明「真っすぐにしか引けない」という信じがたい評価も飛び出すほどの反応、
それはパターデザインの歴史を塗り替えるほど画期的な特許デザインによるものです。
2009年1月米国フロリダで開催されたPGAショーで発表された「アクシスワン パター」は、真っすぐ引いて真っすぐ出すバッティングの基本的な練習を必要としなくなるほど
ゴルフファーに理想的な振り子ストロークをもたらしてくれるパーフェクトバランスパターの最新モデルです。

従来の全てのパターは、テークバック時にフェースが開くように作用します。
そのねじれをもどしてスクエアにインパクトしようとすると時に生じる誤差がボールをカップから外すことになります。
まっすぐ引いてまっすぐ出すことがいかに難しいか、長く続けてきたパッティング最大の課題でした。「アクシスワン」は、ヒール側の重量をフェース面より前方に持ってくる事で特許を取得、フェースラインを軸に左右をバランスさせるヘッドデザインを完成させました。
これによりテークバック同時にシャフト軸線上にクラブの重心とスイートスポットをも見事に一致させました。

つまりシャフトの延長線上で最も自然にボールをヒットする事ができ、しかもストローク中にフェイスが常にスクエアな状態になりやすいのです。

初めて使ったあるクラブチャンピオンが、「まっすぐにしか引けないパター」と評価したのは決して大げさではないのです。
シャフトの軸線上のスイートスポットが最も自然に正確なインパクトを生み出しやすい事は言うまでもなく、そこに重心も一致しているので、まるで本当の振り子を振っているかのような何のストレスも感じない振りやすさを感じさせるのです。

アクシスワンの生みの親であるアクシスゴルフ社のデザイナー兼CEOのルイス氏は、火星探査車を捜作する三次元マウスの特許をはじめ数多くの世界特許を持ち、初めてパターを出店した2009年米国PGAショーにおいて「ベスト・イン・ザ・ショー」と「最も革新的なパター」を受賞しました。またルイス・ペドローザ氏は、通常なら数週間で済むUSGA
のルール適合承認を受けるまでなんと6ヶ月も費やしました。

真っすぐしか引けないパターがあるとすればまさにパターの歴史を一変させることになり、
あとは距離感だけということになるのです。
使い方「理想的なアクシスワンパターの使いかた」

1.目はボールの真上
真上から見てこそラインを真っ直ぐ見る事ができます。

2.パターヘッドは地面と平行に構える
グリーンに沈んだボールを跳ね上げるためにパターには3度から4度のロフト角がついています。トゥが浮いているとボールは右へ転がる回転がかかります。

3.グリップは少し吊り下げ気味に握ることになります。
ウッドやアイアンのグリップと違いパターのグリップはどれも内側に反った形をしています。吊り下げ気味に持っても手とグリップの間のすき間が埋まるように作ってあります。

このように理想的なアドレス状態でインパクトしたボールには正回転がかかりラインに真っ直ぐ転がります。
スペック304ステンレススチール削り出しパター
トゥ側に完璧なバランス調整のためのステンレス銅のカウンターウェイトネジ搭載

スペック
ヘッドカラー:シルバー・ブラック
ロフト:3度
ライ角:70度
素材:304ステンレススチール(All CNC milled)削り出し
ヘッド重量:350グラム
シャフト:スチールシャフト
グリップ:オリジナルグリップ(Mid size deep edge Lamkin Grip)
専用ヘッドカバー付
お正月予約